会員登録

☆掲載商品の検索

(名称の一部も可)

☆商品の閲覧はこちらから

全件表示 (439) アンテナアナライザー (17) アンテナチューナー (35) SDR/トランシーバー・インターフェース (35) その他/トランスバータ・QRP機 (3) リニアアンプ等・ダミーロード・パーツ (37) プリアンプ (2) DC電源 ・バッテリー昇圧・パワーポール (27) ノイズキャンセラー・オーディオ (6) アンテナ (150) 八木1:ヘックスビーム hexbeam (11) 八木2:スパイダービーム Spiderbeam (32) 八木4: モズレー Mosley (4) 八木3:モクソンビーム Moxon (2) バーチカル・グランドプレーン (25) 八木5: 国産(クリエート・ナガラ) ロータリーダイポール(アルミ管製) (8) ダイポール (ワイヤー製) (2) G5RV・ウインドム・Cobra・OCFD  (8) ツェップEFHW(モノ・マルチバンド) (20) ループアンテナ1:キュビカルクワッド ループアンテナ2:無指向性ループ Cobweb (5) ループアンテナ3:磁界ループ、MLA (4) スクリュードライバーアンテナ SDA Tarheel (5) 50MHz帯 アンテナ (19) 144・430MHz帯・SHF帯 以上 (5) その他モービルアンテナ ・ホイップ (4) ビバレージアンテナ・4SQ等LB用 SWR計・PWR計・Fカウンター (7) バラン・フィルター(LPF,BPF,CMF) (30) SOTA-ベランダ-移動向周辺機器 (7) グラスファイバーポール・パーツ (21) 金属製伸縮ポール・パーツ (9) アンテナ線・ロープ金具 (27) 電鍵・パドル (30) アンテナ切替器/ロープ/フィーダ/ローテータ/タワー他 (24) DVドングル・レピーター・APRS (4) 無線局アクセサリー (15) 棚ずれ品~開封未使用品 Refurbished items 未分類 (11)
ここにない海外製品はお問合せボタンで。
ご注文の流れと商品説明の補足【重要】

○カートに入れてご注文の場合、自動返信メールが送られます。その後24時間以内にお届けの[ご予約承り]メールでご注文は確定致します。

○お断り:※【予約受付商品】は予約専用(お取り寄せ専用)商品を意味します。在庫数は予約可能数となります。

現行のサーバーシステム上、更新処理に遅れが見られる場合があります。このため受注が確定した時点で完売となる場合がございます。「在庫0」「予約品で0円表示」の商品はトップページ【直接注文ボタン】を押してご注文ください。○価格は次の2種類があります。初期不良対応のみで低価格の【初期不良対応プラン】、半年、1年など【有限保証プラン】をご希望の場合は別途、ご注文時にご依頼ください。価格をご提示致します。
○カード払いやPaypal払いを選択いただけます。当店はPaypal請求書をお送りします。
※その他お取引上のルールは特定商取引法の表記等を購入前にお読みください。※価格は予告なく変更することがあります。

MFJ-22シリーズ 3.8MHzから50MHz帯用ミニダイポールアンテナ

  • クリックで画像を表示

    22シリーズの給電部、両側にエレメントをネジ締めるだけ。UHFメスコネクタ、32

  • クリックで画像を表示

    MFJ-22シリーズのセット一覧 エレメント2本、給電部マストマウント

  • クリックで画像を表示

    給電マウントの拡大図。

  • クリックで画像を表示

    ベランダで、国産製より効率のよいセンターローディング これなら気軽にベランダで、山で、旅行先で運用できますね。

14,850円-16,200円
注文数:
MFJ-22シリーズの超短縮ヘリカルダイポールアンテナです。
MFJ-22XX のXXには、例えば7MHz(40m)用は MFJ-2240 となります。
MFJ-2206は6m(50MHz)~2275(75m、3.8MHz)まで豊富な
250WPEPと国産比余裕のパワーです。

ラインアップです!
いずれも、約2.5mx2本となりますので、バルコニーや移動で
最小サイズの超短縮DPとして愛用されています。
最大4バンドのマウントも新発売!
600WPEPバージョンもございますので、
先ずはお問合せボタンでお見積りください。

組立は超簡単。超軽量、同クラスの他社のアンテナより物理的長さがある分
輻射効率が高く有効に電波がのります。
グラスロッドにヘリカルにエレメント線を巻いたマイクロダイポールアンテナです。
左右のエレメントの根元はネジ式でそれぞれを、付属の給電マウントの左右にある長いボルトにねじ込んで固定するだけです。左右のエレメントの先端はピアノ線
がイモネジで固定されています。
あとはこのマウントに50Ω同軸フィーダーをつないで、準備が整います。

共振点はアンテナディップ計、MFJ-259などで確認できますが、SWR計でも
おおよそ期待通りに調整点がわかります。調整は先端にあるピアノ線エレメントを
出し入れするだけです。左右、それぞれ数ミリ単位で差し入れすればOK
共振点が低ければ、短くしましょう。

バランは別売の両側Mコネクタの
MFJ-915をお奨めしますが、15㎝径に同軸コネクターを8回丸めて
ケーブルタイで止めても簡易バランになります。

#s3gt_translate_tooltip_mini { display: none !important; }

みんなのレビュー

総合評価 (0件) レビューを読む

この商品をチェックした人はこんな商品もチェックしています

ご購入前のご相談

要:具体的商品名・ご芳名

otoiawase button

カートの中身

カートに商品は入っていません

ツイッター